引越し 日取り

MENU

引越しの日取りについて

引越しに適しているとされる日取りがあります。
これは主に六曜と呼ばれる暦を基に考えられており、縁起の良い悪いで判断されています。
六曜には、大安、先勝、友引、先負、赤口、仏滅の6種類があり、それぞれに縁起の良い悪いがあります。
では引越しに適しているのはいつなのでしょうか。

 

まず、大安は非常に縁起が良いとされており、午前中も午後も引越しに最適な日となります。
午前も午後も良いということで、もっとも引越しに向いている日と言えるでしょう。

 

次に良い日が先勝です。
先勝は午前が良く、夕方から夜も吉日とされています。
午後から夕方にかけては良くないのですが、それ以外のタイミングで引越しを行えるなら良い日だと言えます。

 

次が友引です。
友引は午前中が吉日とされており、午前中に引越しをするように調節する必要がありますが、午前中にできるのであれば問題ありません。

 

次に先負です。
先負は友引の逆で、午後が吉日となっていますので、午後に引越しをするという場合は先負の日を選ぶのがよいでしょう。

 

次に赤口です。
赤口は午前も午後も吉日ではないため、引越しに向いているとは言えません。
しかし、午前11時から午後1時までの間は吉日となっており、この間に引越しを済ませてしまえるのであれば選択肢の1つになるのではないでしょうか。

 

最後が仏滅です。
仏滅という言葉自体縁起が悪そうですが、実際にこの日はもっともよくない日とされています。
そのため、引越しにおいても縁起の悪い日とされており、仏滅に引越しをするという方はあまりいません。

 

このように、六曜で引越しにいい日取りを判断することができます。
ただし、多くの方がこの六曜を判断基準にしているため、大安の日などは引越し業者の予約が取りにくいという面もあります。
また、仏滅は予約が少なく料金も安いことが多いため、引越し費用をできるだけ抑えたいという方には仏滅の日が向いているとも言えるでしょう。

 

縁起の良い日をとるか、費用の安い日をとるかは人それぞれですが、どちらにせよ引越しに適した日取りがあるということは把握しておきましょう。