引越し 後悔

MENU

引越しで後悔したことは?

引越しをしたことで後悔してしまうこともよくあることです。
色々な人の失敗例を参考にしながら自分が引っ越しをする際には後悔することがないようにしましょう。

 

一番多く聞かれる意見としては「引越し先の住環境があまりにも良くなかった」という意見です。
新居を決める際には実際に室内を確認したりする場合が多いですが、意外と周りの住環境のことは気にしていない場合が多いです。

 

実際に住んでみてから後悔するような事が色々出て来るそうです。
例えば住んでいるアパートの上の階に小さな子どもがいて常にバタバタ走り回っていてうるさくてたまらないという場合や、近くに買い物をするためのコンビニすらなかった、駅から歩いてみるとかなり遠かった、夜になると治安が悪くなるような場所だったなど、例をあげるとキリがないほど数多くの不満の声が聞かれます。

 

そう簡単に何度も引越しもできないので、仕方なく我慢して生活している方も多いものです。
このように住環境で後悔しないためにも不動産屋さんに聞いてみるとか、近所に住んでいる人に出会ったら「この辺りは住み心地はどうですか?」と聞いてみるのも良いでしょう。

 

「引越し先の土地柄になかなか馴染むことができない」という方もいます。
よくある例としては田舎暮らしに憧れを抱いていて、ようやく念願の田舎での暮らしが実現できたものの、想像していた以上に生活が不便だったので引越ししたことを後悔するというケースがあります。

 

田舎の場合は病院がない、買い物をする店がない、働く場所がない、交通の便が悪いので車が必要になるなど都会では感じることがなかった不便さを痛感することと思います。
あらかじめ調べていればわかっていたことかもしれませんが、憧れの勢いだけで引越しを決断したことが招いてしまう悪い例だと思います。
その土地によって今住んでいる土地とは全く違う特徴があると思いますので、ギャップを感じて後悔することがないように事前にしっかりと調べておくことが必要になります。